Search
Categories
Bookmarks

プラセンタは成長因子を含む動物性で飼育環境もチェック!

今、健康や美容の観点から注目を集めつつある物の中に、プラセンタという物があります。

最近ではサプリメントやスキンケア、美容注射などに用いられているのを目にしますが、プラセンタというのは一体どのような物なのかはご存じでしょうか?

プラセンタというのは、生物の胎盤のことです。といってもサプリメントやスキンケアなどに用いられているのは実際の胎盤ではなく、胎盤から抽出した成分という物です。

胎盤には、細胞分裂因子とかグロースファクタなどと呼ばれる成長因子が含まれています。これがプラセンタを含むアイテムが他とは違う大きな理由なのです。

一般的に販売されているサプリなどに使われているプラセンタには、実は種類があります。これをよく確認しておかないと、プラセンタを摂っているのにほとんど効果が無いなんてことにもなってしまう可能性があるのです。

一般的に使われているプラセンタは大きく分けて3種類あり、動物性・植物性・海洋性の3種類です。このうち植物性と海洋性には成長因子が含まれていないので、プラセンタとして摂取する意味がないと言っていいかもしれません。

そして動物性の物のみに成長因子は含まれていますから、プラセンタ商品を選ぶなら動物性プラセンタを使用している商品を選びましょう。

その動物性のプラセンタにも馬や羊や豚といった種類がありますが、重要なのは種類よりも原料となる動物の飼育環境です。(参考:プラセンタ選びは原産地と飼育方法が重要

商品に自信がある会社であれば、どのような育成環境のプラセンタを使っているかは明記していますので、注目すべきポイントです。

プラセンタサプリなどは安くなったとはいえ、まだまだ一般庶民には高い買い物ですから、購入するのであればしっかりした商品を選びたいものです。

女性にとって魅力的なプラセンタから目が離せない

美容系の雑誌や情報サイトなどでよく紹介されているプラセンタですが、美容効果や身体によいという事で女性を中心に注目されています。

このプラセンタって一体何なんでしょう?プラセンタとは「哺乳動物の胎盤」です。胎盤は子宮の中で生まれる前の胎児が育つ器官です。

人の胎盤は出産後に体の外へと排泄されていますが、動物は出産後にこの胎盤を食べるのだそうです。美容に良い成分のプラセンタのイメージとは、少し違い気持ち悪いなと感じる人もいるかもしれませんね。

動物が胎盤を食べる行為は、出産後の体力を回復させるために食べているのではないか?と考えられているのですが、体力を回復させるだけのパワーのあるものなのか?と目を付けた専門家がいたという事ですね。

胎盤は胎児が生まれるまでの約10か月間、母親からの栄養を受け取っている器官ですから、栄養素が豊富な事は予想ができる事と思います。

そしてプラセンタの成分は、動物性、植物性、海洋性に分類されます。一般的には動物性のものを指し、牛プラセンタ、豚プラセンタ、馬プラセンタなどがあります。

また馬プラセンタは、豚プラセンタの250倍のアミノ酸が含まれているという事で人気が高く注目されていますし、美容効果の面でも馬プラセンタの効果が良いようです。

アミノ酸はもちろんですが、皮膚の弾力を維持するコラーゲン、ヒアルロン酸も含まれています。

そして皮膚細胞を若返らせるグロスファクターも含まれていて、これらがお肌に浸透して、シミやソバカスの原因であるメラニンの排除も行われます。潤いだけではなく、ハリのある美肌を生み出してくれるという事で、女性なら気にならない方はいないのではないでしょうか?

またヒトプラセンタもあります。しかしヒトプラセンタは医療目的限定での使用となっていて、薬事法によって注射で使用されています。更年期障害、乳汁分泌不全治療などで使用されていて保険適用です。

このようにプラセンタは様々な種類がありますが、いずれも女性にとってとても魅力的な効果を持つものと言う事で今後も目が離せそうにないですね。

プラセンティーナを飲むことで驚きの効果を実感している!

歳を追うごとに肌のハリやツヤや黒ずみまでもが気になり始め、悩んでいたところで仕事の先輩に紹介してもらったのがプラセンタでした。

一口にプラセンタと言っても色々種類があるようで、プラセンタ注射、美味しく食べれるゼリーや飲料、他にもサプリメントなど様々でした。その中で私が手にしたのは毎日気軽に簡単に摂取することができる、プラセンティーナというサプリメントです。

即効性があるという点では、1日で実感出来ると聞いた注射を試してみたかったのですが、経済的な面とリスクが大きかったためにそれは断念しました。

そしてプラセンティーナを1週間続けて飲んでみて、ビックリの実感というか、気になっていた肌のハリが出てくると同時に、お化粧のノリもこれまでとは全然違うし、髪の毛も何だかツヤツヤになって来たので本当に驚きばっかりです。

さらに1ヶ月続けてみると爪にも変化が見られるようになり、以前は割れやすく二枚爪になりやすい私の爪だったのですが、それ以降は割れる事がほとんどなく、お風呂上がりのフヤフヤ感も少なくなったように思います。

肌のトラブルだけではなく、髪質や爪までも変化が見られたということで、これは凄い物を見つけてしまったと喜び、リピートでさらに使用を続けていくことになります。

そして飲み忘れたり面倒だからと数日間飲まないでいると、肌のハリや弾力も減少してしまうのを実感したので、やっぱりプラセンタの効果というのは確実にあるのだと思います。

それ以来、私はプラセンティーナをリピート購入してずっと愛用していますし、もし存在を知ることがなければ、大げさではなく一生損するところだったと思うほど、私的には満足な効果を実感しています。

飲み始めてからは、友人にも「若くなったね」とか「肌きれいだね」と褒められるようになったことも多く、どうしてそんなに若くいられるのか教えて欲しいという友人には、プラセンティーナのことを紹介するようにしています。

若く見られることはとても嬉しいことですし自分に自信を持つことにも繋がりますので、もし以前の私のように加齢によるお肌の悩みを抱えている方は、プラセンタを積極的に摂ることは本当におすすめですよ。

(今回の記事に書いている私愛用のプラセンタサプリメントの詳細ページはこちらです→@プラセンティーナの効果ガイド

アンチエイジングとしてプラセンタは以前から愛用している

プラセンタと聞きますと、ついこの間までは「美白」と言うイメージが強い商品でしたが、実はアンチエイジングに効果的ということがわかってきました。

またつい先日などは内科の個人医のポスターに「疲れた時にはプラセンタ注射はいかがですか?」とまるで、「疲労回復のミニ点滴」のようにまでなっているようです。興味があったので今度ぜひ、接種してみようかと考えております。

さてそんなプラセンタを私はかなり前から、サプリメントで飲んでいます。最初の購入にあたり有名女優の宣伝商品と、どちらを購入するか迷いました。

確かにその商品は含有率が高いのですが、お値段もお高く私が購入しているものの二倍以上の価格なのです。しかしながら、私の購入している製品はそれと比べて、含有率が半分かと言いますとそこまで低くはありませんでした。

そこでお手頃で、二番目に含有率の高い製品に決めたのです。使用してみてははっきりと違いはこうとは言い切れませんが、飲まなかった日々と比べると何となく良いような、しいて言えば老化を遅らせる手立てになっているような気がします。

以前はお化粧品にもプラセンタを取り入れておりましたが、最近は様々な経費削減に当家も遭遇しましたので削られてしまいましたが、いずれまたクリームや美容液などを購入して長く使用して行きたいと考えております。

もう少しサプリメントの価格がお安くなってくれれば、みなさん気軽に試せると思います。早く始めると良いですよ。

プラセンタに関して50~60代の口コミを読みたい

最近、プラセンタを配合したサプリメントや化粧品がとても増えていますね。しみ、しわ、新陳代謝、肌の衰えの改善にはとても効果的とうたわれているので、とても関心があります。

調べてみると、プラセンタって人間を含む動物の胎盤のことなんですね。はじめは驚いて、なんだか気味が悪くも感じたのですが、たんぱく質をはじめ、必須アミノ酸や各種のビタミン、マグネシウムや酵素が豊富に含まれているそうです。

加えて人間のプラセンタ=ヒトプラセンタには、ガンの転移質を抑制する効果があるとする研究も発表されているとか。

とすると、化粧品やサプリメントにも、ヒトプラセンタが…?と思ってさらに調べてみると、ヒトプラセンタは希少性から主に医療用として使用され、化粧品などには、豚や馬などのプラセンタが使われていることがわかりました。

とはいえプラセンタが配合された化粧品の口コミサイトを見ると、「ほうれい線が消えた」、「肌荒れが改善された」「髪のつやが戻った」などの投稿が目立ちます。

でも投稿をよく見ると、20代~30代の女性たちだったので二度ビックリ。その若さで、すでにほうれい線を気にしているとは。

肌などのアンチエイジングケアは早いうちから始めるほど効果的という意見もありますから、努力がいずれ報われて将来の美魔女へと結んでいくのでしょうね。

とはいえ、私の世代である50~60代以降の口コミがあまり見当たらないようです。プラセンタこそ本来のアンチエイジング効果を満たす効能が試せるものだと思うのですが。

プラセンタに関しては自分で人体実験したくも考えていますが、まずは同世代のさまざまな口コミ読んでみたいなー。